第38回

1月22日 らんぷうぇい

12552610_804949919630690_2628441679704131478_n

前半
今回も私(櫻田)の機材が登場です。
昨年末、友人から譲り受けたJBL4312Bです。
自宅で聴くとALTEC604よりも、はるかに音の分離、明瞭さに優れ、エレクトリックベースやバスドラがやたら気持ち良くALTECを追いやり主力の座に。
とは言うものの、ずーっと鳴らしておらず、1本のウーハーのコーティング剤に割れが生じており、その辺も経験のある方達に見てもらいたかったのです。

20年位前のスピーカーだけど、鳴らし込みが足りず、音が落ち着いていないという指摘。
エリック・クラプトンの「アンプラグド・ライブ」が妙にシャカシャカした音がした。
早速、S師匠がスピーカーのアッテネーターをグリグリ、接点が蘇り落ち着いた音に。
大音量でいじられて、少しこなれた感じに。持ってきた甲斐がありました。
ひび割れについては様子をみることに。

12494817_804949959630686_4167529114108160876_n

後半
主催植木氏の新作スピーカー。
ビクターSX3の箱を利用し、ビクターの15cmウーハー、オンキヨのドームツイーターを組み込んだシステム。
うまくユニットがはまってる、回路ばかりでなく木工も器用な植木氏。
出来立てのシステムにもかかわらず、とてもバランスの良いこなれた音。
前作のTangBandも良かったが、やはり”10cmの割には”という前置があった。
今作は充分な鳴りっぷりで、一般家庭で使うには最適サイズではないかと思わせる。
ツイーターのグレードを上げる余地があるが、現状でもかなりいけてます。
(正直、私のJBL4312Bより、この場所では良かった・・悔しいです・・)

会の名称について、
もうジェンセンスピーカーの出番は無さそうだし、真空管にもあまりこだわってないし、
会の名称を皆さんから募りたいということになりました。
センスのいい名称よろしくです!

次回は2月19日です。

 

第5回、自作真空管アンプと自作のスピーカーによる試聴会の結果

第5回目の試聴会は、4月19日(金曜日)にいつものLampWayで行なわれました。

今回は、10名の参加で行なわれました。

今回は、の特集は以下の内容です。

1、デジタルアンプ+真空管バッファー
このアンプは、前回お聞かせいたしましたデジタルアンプに
USB接続のDAコンバータ(CD音質レベル)をプラス。
同じ電子基盤に真空管のプリアンプが載ったもの
昔のミニコンポのスピーカーとの組み合わせで真空管アンプにも
迫る音質。
IMG_0146

IMG_1049

左上の小さいスピーカーとセットでならしました。

使用スピーカーについて

1、NT様使用スピーカー
パイオニアのCS-F7000と言うスピーカーのスコーカーをjensenに変更。その後ツィーターをJBL ST-200(スーパーツィーター)に変更。幅広い音域と澄んだ高音を楽しめます
IMG_0701

2、OK氏初登場
前回発表しました30cm jensenスピーカー。
平塚氏の指導の基に改良を加えた迫力のあるjensenパワーを
ご堪能ください。

IMG_1048 IMG_1066

 

また、試聴会の数日前に真空管を交換すると飛躍的に
音質が改善されましたので紹介します。
出力に使用している6p3pを6550(KT-88互換)すると音楽が生き生きしてくるのです。
写真は、いつも使っているアンプに6550を実装した画像です
IMG_1060

ここでそれぞれのシステムの皆様の感想をお聞きください。

SD様。
デジタルアンプ 9点、私も使用しています
NTスピーカー 9点、音量をもう少し上げると聞きやすくなると思う。
jensen 30cm 10点、安定感があり、音の広がりが良いと思います。

IUEさま
デジタルアンプ  点、かたい音
NTスピーカー 30点、音域が狭い、中央音が低音に比べ強い。
jensen 30cm  60点、音域が広がっている

HRさま
デジタルアンプ  点、
NTスピーカー  点、中広域が良く伸びて良いですね。
jensen 30cm   点、大変やわらかく奥行きのあるナチュラルな音に感動

MGご主人さま
デジタルアンプ  点、
NTスピーカー  点、高音がひびきました聞く音楽に・ミキシングよって違うかな
jensen 30cm  60点、やわらかい良い音ですね! 人間的な感じでした。

MG奥さま
デジタルアンプ  点、真空管アンプと大差ないように聞こえた
NTスピーカー  点、高音がきれい。
jensen 30cm   点、この音が一番好きでした。

IEさま
デジタルアンプ 85点、迫力があった
NTスピーカー 95点、全体的に調和があり、朝もやの感あり。
jensen 30cm  60点、音は前面に出、力強さを簡感じた。中低音が特に良い

以上であります。

全体的には、jensenの30cmのスピーカーの評価が良かった。

後の写真をご覧下さい。
本日は有難う御座いました。

IMG_1056

IMG_1055

IMG_1052

IMG_1050

第4回、自作真空管アンプと自作のスピーカーによる試聴会の結果

昨年の十二月に1回目の試聴会を行ってから3ヶ月、今回で4回目となる試聴会は、いつものように「東区北六条東3丁目(東2丁目 南向き一方通行側)のLampWay」で行われました。

開催 3月15日(金曜日)LampWay で 18:30分~ スタート

今回のスタートは、少し遅れてのスタートとなりました。なぜならば、一緒に参加予定のOKさんに頼まれた今日発表予定のジェンセン30cmスピーカー用のツィーター用のネットワーク回路の配線をしていた為なのです。

6:30からスタートの予定でしたが、配線を終らせて自宅を出発したのは6:30を少し過ぎた時刻でした。『すみませんでした』

会場へ到着しましたのは、7:15分頃。

早速スピーカー等の配線を始め、出来上がったのはそれから少し過ぎた辺りです。

今回の特集気企画は、
1,真空管アンプとトランジスタデジタルアンプの音質比較。
2,12月と2月に発表したスピーカの音質調整が終りました。
3,30cmjensenスピーカーの試聴、 驚きのjensenサウンド
の3つです。

1、真空管アンプとトランジスタデジタルアンプの音質比較。

この実験のポイントは、PCのUSBポートに接続したDACのアナログ出力をそれぞれのアンプの入力にし、音質を比較しました。

主な比較は、「 ①真空管メインアンプ - スピーカー 」、「 ②真空管プリアンプ - デジタルアンプ - スピーカー 」、「 ③デジタルアンプ - スピーカー 」の3通りです。

中低音のパワフルさは、他の①②と比較して圧倒的に③が勝っているが、トランジスタ特有の音の硬さが目立っている。

①は、②③と比較すると、全体的に「キンキン」と高音が強くなっているように聞こえる。しかし、音の柔らかさは圧倒的に①が勝っている。

②は、音の柔らかさ、音のパワフルさ、供に中間的に音質。

・・・・・・ が集まっていただきました方々の意見内容でした。

真空管プリアンプ

真空管プリアンプ

デジタルアンプ

デジタルアンプ

真空管アンプ

真空管アンプ

 

2、12月と2月に発表したスピーカの音質調整が終りました。

①、12月発表のスピーカーは、当時リサイクルショップで調達したもので型番は「Victer JS-55」です。このスピーカーのスコーカーを、jensenの20cmスピーカーに交換しています。当時はその出来栄えに満足していたのですが、1月、2月の試聴会に発表したスピーカーの方が音質が良いのです。今回は、このスピーカーの音域を広くし、中の吸音材を調整し、程よく音が前面に出てくるようにしたもの。集まった皆様には、「バランスが一番良く聞き易い」の評価をいただきました。

12月製作のスピーカー

12月製作のスピーカー

②、2月発表のスピーカーは、6インチ(15cm)の2Wayスピーカーのツィータをはずして、pionerのホーンツィーターを使用。2月発表の時には、「ピアノの再生に最適」の評価を頂いているが音が前に出てなかった。箱の中の吸音材と電子回路の値を変更して楽器の音を前に出て聞こえるように改善したもの。

上の小さなスピーカー

上の小さなスピーカー

 

3、30cm jensenスピーカーの試聴、 驚きのjensenサウンド

③、30cmのjensenスピーカーは、1W程度のパワーでもうるさいくらいなってくれる。また、30cmの大きいスピーカーには似合わない程のスッキリした力強い中高音を出してくれる。底知れないパワーの一端を覗かせてくれる逸品。今回の音は荒削りの音に仕上がっていましたが、音質調整が完了した音を早く聞いてみたいものです。 と言うのが、参加者の感想でした。

jensenの30cmスピーカーの迫力

jensenの30cmスピーカーの迫力

4、各スピーカーの評価をいただきました。

             SD氏    NT氏    KD氏    HT氏    SK氏
①、スピーカー     95点    95点    3万円    70点    9.5点

②、スピーカー     90点    90点    2万円    60点    8点

③、スピーカー     85点    85点    6万円    30点    4~10点

①②は現時点で出来上がりの評価でした。 ③は期待感が大きく仕上がりが楽しみという方が多い

5、編集後記

今回の参加者は7人で、前回の13人に比べると若干少なめではありましたが、皆さんで楽しい時間を過ごさせていただきました。皆さん参加を頂きまして有難う御座います。 会場「LampWay」をご提供いただきましたオーナーの「山田様」有難う御座いました。

IMG_0076IMG_0075 IMG_0074 IMG_0073 IMG_0072 IMG_0070

今回も有難う御座いました。

IMG_0707

会場の提供 LampWayさんへはこちら → http://lampway.web.fc2.com/link.html

次回の「第5回自作jensen(ジェンセン)スピーカーと真空管アンプの試聴会」は4月の第3金曜日4月19日です。

プリアンプの製作 続き

1、部品の取り付けは完了します
前回もお話ししましたように、背丈の低い部品・重量の軽い部品から取付け始め、背丈の高い部品・重量の重たい部品の順番に取り付けます。

②、真空管のソケット、入力・出力のRCAピンジャック、電源スイッチ、電源ジャック、ボリューム、電源トランスの順番に取り付ける。

image

シャーシー内側

 

シャーシー外側

シャーシー外側

2、配線をはじめます。
初めは、電源とランス回りの配線をします。次に背の低いヒーター配線。予め取り付けてあった電解コンデンサー等の順番に、これも部品を取り付ける順番と同じように、低い方からー高い方(立体的)の順番に配線をしていきます。

先ずは電源配線、低い配線の順番に

先ずは電源配線、低い配線の順番に